Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RECOMMEND
ラーメンズ DVD-BOX
ラーメンズ DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

アートな笑いがここにある!
観に行きましょう!
どこまでも!
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

そこから何が見える?

 ありのままに。気の向くままに。
<< どれほどの速さで生きれば、また君と出会えるのか。 | main | 珈琲エリカのマスター >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
佐伯 誠という人物について。
知り合いが沖縄に出張だというので、もしANAだったら、
是非、機内誌「翼の王国」を持ち帰るように頼んだ。
(結局、JALだったので願いは叶わなかったのだけれど…)

感動。
生きる時間が長いほど、それは人それぞれに違った重みを持つ。
子供の頃は、同じものを見て、同じ経験をして、同じ気持ちになることが
当たり前だと思っていたんだな。本当は違うし、実際違った。
歳を取ってより涙もろくなる人もいれば、その逆もいる。
(その違いはなんだろうか・感謝の念を忘れたためだろうか)

数年前、ANAの機内で小さな感動があった。
例の機内誌で「佐伯誠」の文章を読んだ時に。
そのタイトルは真っ先に目に飛び込んできた。
愛するものと別れるレッスンをしよう
内容はもちろん、独特の風景描写や言い回しがとても好きになった。

でも、この「佐伯誠」という人物。
いまいち謎が多い。
本を一冊も出していない。このご時世だというのに、WEBで顔さえも確認できない。

一昨日、中野中央図書館で「翼の王国」バックナンバーがあることを発見!
一年分しかなかったけれど、置いてあること自体に“感動”
| - | 23:49 | comments(1) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 23:49 | - | - |
歳とともに、これほどまでに考えが変化して行くとは、正直思っていませんでした。好き嫌いに限らず、人の死は、いつでも何らかの引っ掻き傷のような物を残して行って、それはだんだんと小さくなっていくけど、いつまでも残る物もあるなと時々思います。
佐伯誠さんが書いた「翼の王国」の中の文章『 いつかいなくなる日がくるから、そのためには、平気でいられる練習をしておかなけりゃいけない。どんなに好きでも、それを所有しつづけることは、できない相談なのだ』ものすごく響く言葉だと思いました。

小さい頃は、仲良しはお揃いを求め、今は、自分にも相手にも独自性を求めるようになりました。
これも一体なぜだろうかと思います。
| hosaka | 2011/09/08 9:08 PM |









http://greeeen5.jugem.jp/trackback/30
沖縄へのあこがれ
沖縄が大好きです。できればいつか住みたいと思っています。そんな私の想いを綴ってみます。
| 沖縄へのあこがれ | 2007/03/06 9:32 AM |